ドライハーブ*セントジョーンズワート

~ セントジョーンズワート ~ ドライハーブのプロフィール


ドライハーブ・セントジョーンズワート
◆ セントジョーンズワートのプロフィール
英名:St.John's wort
植物名:セントジョーンズワート
和名:西洋オトギリソウ(弟切草)
学名:Hypericum perforatum (ヒペリクム ペルフォラトゥム)
科名:オトギリソウ科
植物の種類:多年草



植物の特徴・エピソードなど
名前は聖ヨハネ(Johannes)に由来。
St.John's祭(6/24)の頃に花が咲き魔除けの意味や薬用として摘む習慣があった。

別名:ヒベリコン、ピペリカム

夏にはレモンのような香りがする黄色い花を咲かせ、つぶすと赤色になる。

花とつぼみを植物油に漬け込んだ浸出油は、「セントジョーンズワートオイル」として利用されている。
ヒペリシンを含む赤色色素の浸出油で、外傷ややけどに利用される。

欧米では「サンシャインサプリメント」として気持ちを明るくさせるハーブとして有名。



~ ハーブティとして利用 ~
* 使用部位
 花・葉・茎

* 香りや味
 すっきりとした香り、苦味あり

* 主要成分
 フラボノイド、タンニン、配糖体 など

* 作用
 抗うつ・抗菌・収れん・利尿・鎮静 など

* 注意
 薬と相互作用が」あるため、薬を服用中には使用を避ける。
 まれに光感作(ヒペリシンという成分による)を示す場合があるので使用直後の紫外線を避ける。


~ ハーブティ以外の利用法 ~
 ・ハーブチンキ、濃いめの浸出液 … 化粧水や、消毒などに
 ・浸出油 …セントジョーンズワートオイルとして、トリートメントやクリームなどに
                                 など

大さじ1→約5g

うつや不眠の緩和にシングルでもブレンドでも。
植物油に漬け込んで、セントジョーンズワートオイル作りにもおすすめです。

⇒ 「ドライハーブオーダーページ」からご購入していただけます



ハーブの使い方★まとめ
ドライハーブのプロフィール一覧
アロマテラピー素材リスト まとめTOP


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手作り石けん・手作り素材・ドライハーブなどご用意しています
あろまじかんshop
~手作りコスメキット・アロマクラフトキット・ドライハーブなどのお店~

手作りキットのオーダーも承ります☆

Creemaさんでも販売中☆ ⇒ 販売中のもの
Creema AJ aroma&herb
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 | TOP | 

aroma style info.

ご訪問ありがとうございます☆
アロマテラピーやハーブのこと、化粧品作り、石けん作りの作成メモです♪♪♪

ここで書いていることは個人的な感想であったり、素材そのものの効能であったりで、せっけんや化粧品の効能ではありません。
レシピはいろいろ参考にしてますが、適当な部分もあります。
また、まとめ記事に関しては、わたしがいろいろな書籍などを参考に個人的にまとめたものです。
参考にしていただけると幸いですが、なにかしら不都合なことがおこったとしても責任は負いかねますのでご自身の責任でお願いします。

HP移動のため、リンク切れなどあるかと思います。時間のあるときに気づいたものは直していけたらと思っています。

欲しいものもないとは思いますが、画像・写真の無断転載はご遠慮願いますm(__)m

リンクミス、書き間違い等お気づきになったら、ご連絡いただけるとありがたいです。

ご連絡・お問い合わせは
メールフォーム からどうぞ

最新記事

カテゴリー

リンク

FC2ブログランキング

RSSリンクの表示

FC2カウンター

あろまじかんshop*info.

あろまじかんshopからのお知らせ☆
Creemaでもいろいろ作品など販売していますのでのぞいてみてください☆
AJ aroma&herb

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

まとめ記事★

検索フォーム

Follow me