NO,74 女性ホルモンとアロマテラピー②

AEAJ会報誌NO.74
NO,74 P32~ 女性ホルモンとアロマテラピー より

◆ライフステージによる女性ホルモンの変化
*産後と更年期の症状は、女性ホルモンの急減が原因

女性ホルモンは18歳~40代前半に性成熟期を迎える。
なかでも20代~30代前半は一生のうちでホルモン分泌量が最大になる。

妊娠すると、体内ではエストロゲンとプロゲステロンが盛んに分泌され、
妊娠後期には平常時の数十倍にも達する。
出産後に、平常時より少ない量まで激減する。
数週間から数カ月かけて平常時の分泌量に戻る。

このような女性ホルモンの急激な変化で、
マタニティーブルーや産後うつのような情緒不安定に陥りやすい。


また、成熟期の半ばを過ぎた30代後半になると働きが衰え始め、徐々にエストロゲンの分泌量が減少し、40代後半頃から急激に減少し更年期障害という症状が起きる。

エストロゲンの分泌がほぼなくなる60歳ごろには体調や精神が再び安定してくる。

更年期の症状は個人差があり、日々の心がけ次第で低下するスピードを遅らせることが可能なので、
意識して生活を見直していくとよい。


◆ホルモンの変化による症状と対処法
*規則的な生活リズムや運動が症状改善に有効

女性ホルモンの分泌量変化で起きる不調は「不定愁訴」という言葉で片付けられることが多いが、年齢や状況によって症状が異なる。

・30代半ばまで
PMSや、月経中にイライラや気分の落ち込みなど。
プロゲステロンの増加時に、コントロールが難しいほどの食欲。

・40代後半から
ホットフラッシュが典型的な症状。

女性ホルモンのバランスを整えることで和らぐことが多い。
普段の生活を見直すだけでもバランスが整いやすくなる。

40歳頃までは基礎体温の計測を心がける。
30代後半からは大豆製品の積極的な摂取を。
全年代に共通して、規則正しい生活で生活のリズムを作ることが大事。
運動も重要。


女性ホルモンのバランスはストレスなどで乱れやすいが、
日々の生活で改善しやすくもある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手作り石けん・手作り素材・ドライハーブなどご用意しています
あろまじかんshop
~手作りコスメキット・アロマクラフトキット・ドライハーブなどのお店~

手作りキットのオーダーも承ります☆

Creemaさんでも販売中☆ ⇒ 販売中のもの
Creema AJ aroma&herb
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 | TOP | 

aroma style info.

ご訪問ありがとうございます☆
アロマテラピーやハーブのこと、化粧品作り、石けん作りの作成メモです♪♪♪

ここで書いていることは個人的な感想であったり、素材そのものの効能であったりで、せっけんや化粧品の効能ではありません。
レシピはいろいろ参考にしてますが、適当な部分もあります。
また、まとめ記事に関しては、わたしがいろいろな書籍などを参考に個人的にまとめたものです。
参考にしていただけると幸いですが、なにかしら不都合なことがおこったとしても責任は負いかねますのでご自身の責任でお願いします。

HP移動のため、リンク切れなどあるかと思います。時間のあるときに気づいたものは直していけたらと思っています。

欲しいものもないとは思いますが、画像・写真の無断転載はご遠慮願いますm(__)m

リンクミス、書き間違い等お気づきになったら、ご連絡いただけるとありがたいです。

ご連絡・お問い合わせは
メールフォーム からどうぞ

最新記事

カテゴリー

リンク

FC2ブログランキング

RSSリンクの表示

FC2カウンター

あろまじかんshop*info.

あろまじかんshopからのお知らせ☆
Creemaでもいろいろ作品など販売していますのでのぞいてみてください☆
AJ aroma&herb

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

まとめ記事★

検索フォーム

Follow me