NO,77 香りの千夜一夜物語☆第一話

機関誌AEAJNO.77
NO,77 P10~ 香りの千夜一夜物語 ~埋もれた歴史を求めて~ より

第一話 形を変えてきた香り
 神に捧げる薫香、人間が楽しむ香油
香りの歴史の始まりは、紀元前のエジプト、メソポタミア、インドと考えられる。
このころの香りのメインは、薫香だった。
Per-fumeが、煙を通してという意味で、
そもそもは、煙として神に捧げるものだった。

香油は人間が楽しむために生まれたもの。
「温めた油に香りを移す」手法で、香り成分を油に移して利用していた。

 
 さまざまな抽出法が香り文化を進歩させた
エジプト、メソポタミア、インドで始まった香りの文化が
トルコを通り、古代ギリシャ、古代ローマへもたらされた。
西洋では、「植物の香り成分を抽出する」方法として発展した。

日本では焚きだした香りではなくサカキの葉そのものを神に捧げられてきた。


 アラブとの交流から薬酒、香水の誕生へ
アラブ世界で発明されたアルコールの蒸留技術から植物をアルコールに漬け込むことで香りを溶け込ませた薬酒が広く飲まれるようになった。
そこから香水が誕生し、香料の抽出や調香の技術が進歩した。


カタチを変えてきた香りの歴史からも、
ヨーロッパの人々が香りが好きなことがわかります☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手作り石けん・手作り素材・ドライハーブなどご用意しています
あろまじかんshop
~手作りコスメキット・アロマクラフトキット・ドライハーブなどのお店~

手作りキットのオーダーも承ります☆

Creemaさんでも販売中☆ ⇒ 販売中のもの
Creema AJ aroma&herb
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 | TOP | 

aroma style info.

ご訪問ありがとうございます☆
アロマテラピーやハーブのこと、化粧品作り、石けん作りの作成メモです♪♪♪

ここで書いていることは個人的な感想であったり、素材そのものの効能であったりで、せっけんや化粧品の効能ではありません。
レシピはいろいろ参考にしてますが、適当な部分もあります。
また、まとめ記事に関しては、わたしがいろいろな書籍などを参考に個人的にまとめたものです。
参考にしていただけると幸いですが、なにかしら不都合なことがおこったとしても責任は負いかねますのでご自身の責任でお願いします。

HP移動のため、リンク切れなどあるかと思います。時間のあるときに気づいたものは直していけたらと思っています。

欲しいものもないとは思いますが、画像・写真の無断転載はご遠慮願いますm(__)m

リンクミス、書き間違い等お気づきになったら、ご連絡いただけるとありがたいです。

ご連絡・お問い合わせは
メールフォーム からどうぞ

最新記事

カテゴリー

リンク

FC2ブログランキング

RSSリンクの表示

FC2カウンター

あろまじかんshop*info.

あろまじかんshopからのお知らせ☆
Creemaでもいろいろ作品など販売していますのでのぞいてみてください☆
AJ aroma&herb

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

まとめ記事★

検索フォーム

Follow me