NO,77 P10~ 香りの千夜一夜物語☆第八話

機関誌AEAJNO.77
NO,77 P10~ 香りの千夜一夜物語 ~埋もれた歴史を求めて~ より

第八話 仏教伝来に始まった日本の香り文化

 糖伝来の供香から和の教養で遊ぶ薫香へ
日本における香り文化は飛鳥時代に始まったと考えられる。
595年に淡路島に香木が漂着したと「日本書紀」に記されている。

香木はまず権力者に届けられ、さらに献上される形で寺院へ。
仏教儀礼に仏に対する供香として用いられた。
煙に身を寄せ、仏国土に招かれると考えていたらしい。

735年には唐から鑑真和上が来日し、香木や香料、調合技術をもたらし、
平安時代には日本の香は発展した。
貴族たちは薫物を愛で、部屋や衣服に香りを移して楽しんだ。
「枕草子」や「源氏物語」にもその様子が描かれている。

室町後期には香木を分類系統化させ聞香の作法が誕生した。


 やがて香道が確立し、庶民もまた憧れる
江戸時代には、武家など限られた階級の間で香道が発展していった。
一方庶民が楽しめる香りも広がった。
匂い袋が一般化し、線香が使われるようになったのもこの頃。


日本では今も昔も採取できない香木から香の文化が発展。
日本人の感受性があったからこそ香りをはぐくむことができた。


アロマテラピーも香り、香道につながるところもあります。
香りを上手に取り入れて楽しむことは今も昔も変わらないんですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手作り石けん・手作り素材・ドライハーブなどご用意しています
あろまじかんshop
~手作りコスメキット・アロマクラフトキット・ドライハーブなどのお店~

手作りキットのオーダーも承ります☆

Creemaさんでも販売中☆ ⇒ 販売中のもの
Creema AJ aroma&herb
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 | TOP | 

aroma style info.

ご訪問ありがとうございます☆
アロマテラピーやハーブのこと、化粧品作り、石けん作りの作成メモです♪♪♪

ここで書いていることは個人的な感想であったり、素材そのものの効能であったりで、せっけんや化粧品の効能ではありません。
レシピはいろいろ参考にしてますが、適当な部分もあります。
また、まとめ記事に関しては、わたしがいろいろな書籍などを参考に個人的にまとめたものです。
参考にしていただけると幸いですが、なにかしら不都合なことがおこったとしても責任は負いかねますのでご自身の責任でお願いします。

HP移動のため、リンク切れなどあるかと思います。時間のあるときに気づいたものは直していけたらと思っています。

欲しいものもないとは思いますが、画像・写真の無断転載はご遠慮願いますm(__)m

リンクミス、書き間違い等お気づきになったら、ご連絡いただけるとありがたいです。

ご連絡・お問い合わせは
メールフォーム からどうぞ

最新記事

カテゴリー

リンク

FC2ブログランキング

RSSリンクの表示

FC2カウンター

あろまじかんshop*info.

あろまじかんshopからのお知らせ☆
Creemaでもいろいろ作品など販売していますのでのぞいてみてください☆
AJ aroma&herb

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

まとめ記事★

検索フォーム

Follow me