安全な精油の使い方☆アロマテラピー検定

アロマテラピー検定テキスト201507
安全な精油の使い方 ~アロマテラピー検定公式テキスト1級・第5章~

精油は基本的なルールを守って使うことで安全に楽しむことができる。
安全な精油の使い方を学び、注意事項を守って使用することが大切。

◆ 精油を扱う際の大切な注意点
 ・ 原液を皮膚につけない
 ・ 精油を飲用しない
 ・ 精油を目に入れない
 ・ 火気に注意する
 ・ 子どもやペットの手の届かない場所に保管する

5つの注意点を対処方法も合わせて理解しておく。


◆ 注意すべき対象者
 ・ 病気による禁忌
    治療中、薬の服用中は、医療機関に相談する。
 ・ お年寄りや既往歴のある方に対する注意
    基準の半分以下の量で試してみる。
 ・ 妊娠中の場合
    芳香浴以外は注意して使用する。
 ・ 子どもの場合
    3歳未満 芳香浴以外おすすめしない。
    3歳以上 成人の1/10量から多くても半分の量程度で使用する。
 ・ 皮膚の弱い方の場合
    皮膚に使用する際は、事前にパッチテストをすると安心。

精油を使用する人の健康状態や体質等に注意する。
使用量や使用方法などを覚えておく。


◆ 精油の保管について
 ・ 精油の保管容器 … 遮光性のガラス瓶。キャップをしっかり締める。
 ・ 精油の保管場所 … 冷暗所に保管する。
 ・ 精油の保存期間 … 開封後1年が目安。精油の種類や保管方法で変わる。

空気(酸素)・紫外線・温度・湿度による成分の変化に気を付ける。


◆ 注意すべき精油
 ・ 光毒性 … 紫外線と反応し毒性を示す性質
 ・ 皮膚刺激 … 皮膚表面から精油が浸透し、炎症・紅斑・かゆみなどの反応を起こすこと

天然のものだからといって必ずしも安全というわけではないので、十分な知識を持って扱う。
光毒性と皮膚刺激について理解し、注意が必要な精油例を覚えておく。




アロマテラピー検定☆受験用まとめ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手作り石けん・手作り素材・ドライハーブなどご用意しています
あろまじかんshop
~手作りコスメキット・アロマクラフトキット・ドライハーブなどのお店~

手作りキットのオーダーも承ります☆

Creemaさんでも販売中☆ ⇒ 販売中のもの
Creema AJ aroma&herb
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 | TOP | 

aroma style info.

ご訪問ありがとうございます☆
アロマテラピーやハーブのこと、化粧品作り、石けん作りの作成メモです♪♪♪

ここで書いていることは個人的な感想であったり、素材そのものの効能であったりで、せっけんや化粧品の効能ではありません。
レシピはいろいろ参考にしてますが、適当な部分もあります。
また、まとめ記事に関しては、わたしがいろいろな書籍などを参考に個人的にまとめたものです。
参考にしていただけると幸いですが、なにかしら不都合なことがおこったとしても責任は負いかねますのでご自身の責任でお願いします。

HP移動のため、リンク切れなどあるかと思います。時間のあるときに気づいたものは直していけたらと思っています。

欲しいものもないとは思いますが、画像・写真の無断転載はご遠慮願いますm(__)m

リンクミス、書き間違い等お気づきになったら、ご連絡いただけるとありがたいです。

ご連絡・お問い合わせは
メールフォーム からどうぞ

最新記事

カテゴリー

リンク

FC2ブログランキング

RSSリンクの表示

FC2カウンター

あろまじかんshop*info.

あろまじかんshopからのお知らせ☆
Creemaでもいろいろ作品など販売していますのでのぞいてみてください☆
AJ aroma&herb

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

まとめ記事★

検索フォーム

Follow me